快適な性生活を送るために

病原細菌を退治して健やかに快適ライフをエンジョイしましょう

ピースをする女性

性器クラミジア検査とジスロマックが有用

ジスロマックは抗生物質として広範囲に有効であることに加え、効果持続時間が長い製剤が開発されたことによって多くの細菌感染症治療に用いられるようになった薬剤です。グラム陽性菌、グラム陰性菌、嫌気性菌、マイコプラズマやクラミジア、レジオネラ菌などといった多種多様の細菌に対する有効性がある抗生物質はそれほど多くはありません。あまりに汎用されているために耐性菌が生じている菌種も増えてきてしまっているのが問題ではあるものの、従来のβラクタム系抗生物質が効かないマイコプラズマやクラミジアの治療においては第一選択薬となることが多いのが現状です。特に性器クラミジアにおいてはジスロマックが汎用されます。性器クラミジア検査では血液検査や尿検査が行われるのが一般的であり、確立された検査方法があることから病名がすぐに定まり、確定診断が下されます。ジスロマックは一日一回、あるいは一週間に一回の投与で良いことから服薬指導も容易であり、性器クラミジア治療において汎用される理由となっています。日常的に薬を飲んでいると何かの病気を持っていると周囲の人に気づかれてしまい、病名を問われることもあるでしょう。それが性病であるとなかなか答えづらいものがあります。しかし、一日一回であれば人と接触せずに飲むことが可能であり、病名を聞かれて困るという事態を避けることができるのです。そういった面が患者にとって大きなメリットですが、医療業界から見ても大きなメリットがあります。耐性菌の出現頻度を高めてしまう要因として大きいのが、患者が勝手に薬を飲むのをやめてしまうことによるものです。ジスロマックは患者が飲み続けてくれやすいため、耐性菌の出現頻度が低いと期待されるため、医療業界からも使いやすい医薬品として位置づけられています。