快適な性生活を送るために

病原細菌を退治して健やかに快適ライフをエンジョイしましょう

ピースをする女性

ジスロマックで包茎を治すなら都道府県のクリニックで

頭を抱える男性

ジスロマックはクラミジアの治療薬として効果的で、都道府県のクリニックで処方しています。
非常に効果的な薬で、服用するとほぼ治ると言われるほどです。
海外では以前から有名でしたが、日本では導入に時間がかかりました。
しかし、非常に効果的であることが海外で話題となり、都道府県のクリニックでもジスロマックを導入するようになりました。

包茎はクラミジアや包皮亀頭炎などの感染症のリスクを高めます。
亀頭が露出していない状態は不衛生で、バリア機能を弱くしてしまうのです。
特に真性包茎だと、包皮をむくことができないのでリスクが高まります。
入浴時に簡単にむける程度の症状であれば大きな問題はありません。
シャワーで恥垢を除去して綺麗にしておきましょう。
恥垢を溜めておくとかゆみの原因となりますし、放置しておくと炎症や包皮亀頭炎を招きます。
頻繁に性行為を楽しまれる男性だと、クラミジアの発症率も高まります。

ジスロマックはクラミジアの治療薬ですが、包茎を治すことはできません。
包茎を治さない以上は、ずっと感染率は高いままなのです。
クラミジアを含む性感染症のリスクを防ぐためには、状況に応じて包茎治療を受けておきましょう。
都道府県の泌尿器科、または包茎の専門医院で治療を受けることができます。
治療を受けるべきかどうか判断する目安は、簡単に包皮をむけるかどうかです。
むくことが極めて難しい状況ならば、治療をして治したほうが好ましいでしょう。
シャワーで洗浄するたびに激痛を伴うならば、いずれ裏筋を切ってしまう原因にもなります。
むくときに裏筋に負担がかかるような症状ならば、治療をしたほうがいいのです。
都道府県で医療機関を探すときは、包茎治療の実績のある医院を選びましょう。