ジスロマックという医薬品について

人間は生きている中でさまざまな病気にかかる可能性があります。
忙しい毎日の中で疲れがたまったりすると、そこに細菌が侵入して体のいろいろなところに不調をきたしてしまうのです。
そのようなときに病院で薬を商法してもらうようになっています。
医学の発達に伴ってさまざまな薬の開発が行われてきました。
体調を崩すときによく頭痛や発熱といった症状が見られますが。
このような風邪の症状が出たときには病院でジスロマックという薬が処方されることが多いです。

entry_img_05

このジスロマックという医薬品は、風邪の時に処方されることが多いのですが、この薬はいったいどのようなものなのでしょうか。
ジスマロックとは、細菌による感染症にとても有効な薬で、マクロライド系の抗生物質となっています。
これは細菌のタンパク質の合成を阻害することでその増殖を抑えて、高濃度になると細菌の細胞を破壊して死滅させる効果があるとされています。
これはさまざまな細菌に効果があることがわかっています。
しかしインフルエンザなどのウイルス性の病気にはあまり効果がありません。
ジスマロックは体の中にはいると、組織の中に長時間とどまることができるので、服用は1日1回でいいと言うことがほとんどです。
また今までペニシリンが効かなかった病気に対しても効果があるということがわかっています。
他の薬との飲み合わせにもあまり影響がないということから、比較的安心して飲むことができる薬となっています。
この薬はペニシリン系の薬と比べるとアレルギーは少ないですが、アレルギー体質の人は注意するようにします。
服用に関しては医師の指示をしっかりと守るようにします。
日本での商品名はジスロマックですが、ファイザー株式会社ではアジスロマイシンという抗生物質として製造販売をしています。

▼ジスロマックと並び知名度が高い性病治療薬
バルトレックス 通販

▼性器を清潔に保つために
包茎手術 名古屋